「廃遊園地の殺人」(2021)斜線堂有紀 感想★★

廃遊園地の殺人
  • URLをコピーしました!

以前、本屋で帯を見てから気になっていた本。の聴き放題にありました。

大好きなクローズドサークルですが、残念ながらあまり好きな作品ではなかったです(;_;)

2.0

目次

「廃遊園地の殺人」作品情報

【著者】
斜線堂有紀
「楽園とは探偵の不在なり」「愛じゃないならこれは何」他。
【出版社】
実業之日本社

【オーディオ情報】
ナレーター:古寺洋子
時間:11時間15分
配信元:

「廃遊園地の殺人」あらすじ

プレオープン中に起きた銃乱射事件のため閉園に追い込まれたテーマパーク・イリジュオンランド。

廃墟コレクターの資産家・十嶋庵(としまいおり)はかっての夢の国を二十年ぶりに解き放つ。

狭き門をくぐり抜け、廃遊園地へと招かれた廃墟マニアのコンビニ店員・眞上永太郎(まがみえいたろう)を待っていたのは、『このイリジュオンランドは、宝を見つけたものに譲る』という十嶋からの伝言だった。

それぞれに因縁を抱えた招待客たちは宝探しをはじめるが、翌朝串刺しになった血まみれの着ぐるみが見つかる。

止まらない殺人、見つからない犯人、最後に真実を見つけ出すのは・・

引用:Audible

「廃遊園地の殺人」感想

あらすじを読んだ時はめっちゃワクワクしましたが、どーしてそうなるの( ̄□ ̄;)!!という展開と会話の連続。
そのせいか、とにかく物語が頭に入ってきません。

一応、クローズドサークルものですが、1人を除いて誰も怯えていないので緊迫感なし。

1人目の犠牲者が出るまで長い上に退屈。

最後は主人公がエスパーなみの超推理で解決。

どうにもこうにも好きになれない主人公含む登場人物たち( ̄▽ ̄;)

この先、若干のネタバレ。(犯人のネタバレはしてません)

動機がすっきりしない。
20年も経ってるのに、今さら殺害? ?
逃げる気ないなら、ややこしい小細工せずにサクッと殺せば良かったのでは。
刑事の人。絶対ウソだと思ってました。殺人事件が起こっているのに理由になっているような、なっていないような動機で通報拒否。「みなさんの事守ります」と宣言しておいてその後も2人死亡。推理も主人公任せ。こいつが一番ないわ〜という感想。(土砂崩れのせいでどうせ警察呼べなかった、という後出しもひどい。)

良かった点も。
・主人公がコンビニ店員スキルを活かして推理するのが面白い。
・最後まで読むと、ちょっと主人公のこと好きになる。
・一人目の犠牲者が出た後は、サクサク物語が進む。
・小説に直接関係ないですが、ナレーターさんすごい!登場人物多いのにちゃんと別人に聴こえた。

続編がありそうな終わり方(シリーズ化の予定?)。
名前は知っていた作者さん。自分には合わないかも、という印象でしたが、レビューを見ると「斜線堂有紀は好きだけど、この作品はちょっと・・」というのがちらほらあったので、有名な「楽園とは探偵の不在なり」は読んでみたいです( •̀∀•́ )b

\30日間無料体験あり/

よろしければポチッと応援よろしくお願いします!

目次