「法医昆虫学捜査官」(2014)川瀬七緒 感想 ★★★

法医昆虫学捜査官 感想
  • URLをコピーしました!

川瀬七緒さんの小説は初めて読んだけど、面白かった〜。

シリーズの1冊目。

3.0

目次

「法医昆虫学捜査官」作品情報

【著者】
川瀬七緒『法医昆虫学捜査官シリーズ』『よろずのことに気をつけよ』
【出版社】
講談社
【発売日】
2014年8月12日
「2012年7月「147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官」と題して発行したものを文庫化にあたり、改題のうえ、一部を加筆・修正」

「法医昆虫学捜査官」あらすじ

放火殺人が疑われるアパート全焼事件で、異様な事実が判明する。炭化した焼死体の腹腔に、大量の蠅の幼虫が蠢いていたのだ。混乱に陥った警視庁は、日本で初めて「法医昆虫学」の導入を判断する。捜査に起用されたのは、赤堀涼子という女性学者である。「虫の声」を聴く解除、いったい何を見抜くのか!?

引用:表紙裏

「法医昆虫学捜査官」感想

虫が死ぬほど苦手なんで、最後まで読めるか心配だったけど案外大丈夫だった。

虫で捜査といえばCSIやBONESを思い出すな〜。

全員キャラがたってる( •̀∀•́ )b

主人公の赤堀さん、めっちゃ好き。すごい映像化向けの人物だけど、実写化ムリだろうな〜。
あとはメモ魔の鰐川刑事がお気に入り。

岩楯刑事はちょっと人を第一印象で決めつけすぎでは(笑)

犯人当てがメインではなく、地道に調査して真相を突き止めていくタイプのお話ですね。

犯人クズすぎ。そして少年が気の毒すぎる(;_;)

気になった点

10年前の作品だし昔気質という設定なので、ある程度は仕方ないけど岩楯刑事がなんかイヤ。

考え方が固い!

例えば被害者のミチルが元美容師の彼氏にロングからショートに髪をカットしてもらったことに対して

大切に伸ばしてきた女の長い髪に、躊躇なくハサミを入れている姿が何度となく浮かんでくる。みちるも納得していたとは言っても、その行為がなんとなく心ない冷淡なものに思え、愛情の薄さを感じずにはいられなかった。

本文より引用

え( ̄▽ ̄;)
本人が納得してんだから良くない?

不妊で悩んでいる奥さんに対して

物語のヒロインでいるためなら、どんな苦労も惜しまない。今でさえ、悲劇的な状況に酔いしれている節があった。

本文より引用

ひどくない??

ただし、この辺は次回作以降でフォローが入るかもしれません。

赤堀さんとの恋愛要素も唐突だったなー。

気になった点は以上で、ストーリーは満足ですε-(´∀`*)

軽くレビュー見た感じだと、シリーズが進むにつれて面白くなるらしいので、楽しみです( ´꒳`)੭⁾⁾

よろしければポチッと応援よろしくお願いします!

目次