「未解決の女 警視庁文書捜査官」感想・レビュー★★★★

未解決の女 感想
画像出典:TERASA
  • URLをコピーしました!

こんにちはヾ(*´∀`*)
U−NEXTで「未解決の女」を視聴しました!

いつもながら事前情報なしの視聴でしたが、最後まで面白かったです!
season2まであったことも、視聴中に知りました(笑)

波瑠さん演じる、主人公の矢代朋が非常に好感が持てるキャラでした!
やっぱり主人公を好きになれないと、最後まで見るの
キツいですからね〜(;・∀・)
その他にも好きな俳優さんが多数出演されてました。

配信中サービス

2020年11月時点での情報です。2022年1月時点の情報です。最新情報は都度公式サイトで確認をお願いします。

目次

「未解決の女 警視庁文書捜査官」作品情報

2018年放送
原作:麻見和史 小説「警視庁文書捜査官
脚本:大森美香
キャスト:波瑠、鈴木京香、沢村一樹、遠藤憲一、光石研、工藤阿須加、山内圭哉

全8話。ですが5話が配信されていないため配信は全7話です。
おそらく宮迫さんが出演しているせいかと。

続編:未解決の女 警視庁文書捜査官 Season2

「未解決の女 警視庁文書捜査官」あらすじ

捜査一課の刑事・矢代朋は、捜査中に負傷し、復帰後、「特命捜査対策室」第6係に異動を命じられます。異動先である「特命捜査対策室」第6係は、未解決事件の文書捜査をする「文書解読係」でした。 そこには「魔女」と呼ばれる先輩刑事・鳴海理沙がいました。理沙は文書解読のエキスパートだといいます。
特命捜査対策室は時効撤廃の際に新設された部署ですが、実質倉庫番をするだけの窓際部署です。
そんな時、連続毒殺事件が発生。被害者が残した遺書が理沙のもとに持ち込まれます。理沙は遺書を見ただけで、犯人は女性、動機は怨恨だと推理します。
やがて、10年前の女性ミステリー作家が殺害された未解決事件が関与している事が判明し、朋は捜査を開始する・・。

「未解決の女 警視庁文書捜査官」感想

面白かったです〜(*´∀`)
主人公の周りに悪人がいないので、ストレスフリーで視聴出来ます。
一話のゲストって中山美穂さんだったんだ!
クリミナル・マインドでも手紙だけで性別を当てるシーンあったな〜。

魅力的な登場人物

波瑠の熱血刑事が似合わなすぎて、正直始めはミスキャストでは?と思ったのですが、途中で気にならなくなります(・∀・)
朋は正義感が強く・熱血!!という実に主人公らしい性格ですが、暑苦しすぎない丁度良い熱さで好きなキャラです。
鈴木京香さん演じる理沙はクールで人間嫌いの設定ですが、この2人が段々と仲良くなっていって、周りがそれを見守っている感じが、すごく微笑ましかったです( *´艸`)

1話完結のバディものってやっぱり面白いですね。

続編には谷原章介さんも出ているらしい。
上司役の高田純次はもうちょい見せ場欲しかったな〜。
内藤剛志は何の為に出てきたの?と思っていたらコラボだったんですね。

普通すぎるストーリー

どの話もどっかで見た事あるような・・っというのが全話視聴した感想です。
ふだん刑事モノばかり見ているので余計そう感じたのかも。

ただ文書解読で捜査するといった題材のドラマは珍しいですし、見ていて「そんなアホな」っていう
展開も無かったです(・∀・)

とりあえずスペシャル版が配信中なので視聴予定。
season2は今は有料なので無料になるまで待ちます(笑)

ストーリーも重くないですし、犯人を覗いて不快になるような登場人物もいないので、刑事もの好きな人にはおすすめですヾ(*´∀`*)ノ

4.0

Season2の感想はこちら

U-NEXT

関連作品⬇


よろしければポチッと応援よろしくお願いします!

目次
閉じる