「そしてミランダを殺す」「星降り山荘の殺人」ネタバレなし感想

推理小説 感想
  • URLをコピーしました!
<br>

こんにちは!2018年のこのミス2位の「そしてミランダを殺す」と本格ミステリで有名な「星降り山荘の殺人」を読みました。

目次

「そしてミランダを殺す」 ピーター・スワンソン


あらすじ

ある日、ヒースロー空港のバーで、離陸までの時間をつぶしていたテッドは、見知らぬ美女リリーに声をかけられる。彼は酔った勢いで、1週間前に妻のミランダの浮気を知ったことを話し、冗談半分で「妻を殺したい」と漏らす。話を聞いたリリーは、ミランダは殺されて当然と断じ、殺人を正当化する独自の理論を展開してテッドの妻殺害への協力を申し出る。だがふたりの殺人計画が具体化され、決行の日が近づいたとき、予想外の事件が起こり……。男女4人のモノローグで、殺す者と殺される者、追う者と追われる者の攻防が語られる鮮烈な傑作犯罪小説。

引用:GoogleBooks

面白かった〜。

登場人物が全員ヘン。
テッドも浮気されたくらいで殺人計画立てるのどうなのよ?と思うんですが後々、元々ちょっとやべー奴なのが分かります。

そして第1部の最後。( ̄□ ̄;)!!って感じの展開になります。
そして、オチ〜。てっきり逃げ切るかと思いました。

ちょっとだけ不満点
最後の方の刑事との対決が、若干退屈でした。
過去の殺人が発覚していないのが、ただの運。

映画化の話進んでいるのでしょうか??
配役楽しみ〜。
良作でした。おすすめ!

4.0

星降り山荘の殺人 倉知淳

あらすじ

雪に閉ざされた山荘。ある夜、そこに集められたUFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女流作家など、一癖も二癖もある人物たち。交通が遮断され、電気も電話も通じていない陸の孤島で次々と起きる殺人事件……。果たして犯人は誰なのか!? あくまでもフェアに、読者に真っ向勝負を挑む本格長編推理。

引用:GoogleBooks

超有名作品ですね。

クローズド・サークルものが大好きなので、昔から読みたかった作品です。
ちなみにこの作品のとある仕掛けについては、全く気づきませんでした。
読み直したらちゃんと伏線ありましたね。
ただ、犯人は何となく途中で分かります(笑)

普通に面白い。面白いんですが、本格ミステリの傑作!と言われると正直、ぇ・・( ̄д ̄) って思ってしまいました。

あと古い作品なので仕方ないですが、登場人物の女子大生2人をあまりにアホに描きすぎ。あまりにアホなので、途中まで演技してるのかと思ってました。

びっくりするぐらい主人公とヒロイン(こっちは仕方ないですが( ˙▿˙ ; ))に魅力ないです。
一番気になったのは、動機に関わる犯人と被害者の関係性について、主人公や読み手側は知らないのに他の登場人物が「業界では有名なので、みんな知っている」みたいな事言うシーン。

文書はすごく読みやすいです。すぐ読み終わるし。

2.5

以上、感想でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


よろしければポチッと応援よろしくお願いします!

目次
閉じる