Amazonプライム『ザ・ヴィレッジ 呪われた村』(2023)ネタバレありの感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
ザ・ヴィレッジ 呪われた村
画像出典:Amazon

めっちゃくちゃ面白かったです!
『ザ・ヴィレッジ 呪われた村』の感想。

クライモリ?と思いきやゾンビ?バイオ??ヒルズ・ハブ・アイズ??と盛りだくさん。

満点

目次

作品情報

  • インド
  • 2023年
  • 全6話
  • 原題:The Village
吹替あり

監督

Milind Rau

キャスト

アーリヤー
ジョージ・マリヤーン

吹替

中村慈、ニケライ・ファラナーゼ、関口雄吾、佐々木 義人、田中光

配信サービス

本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

あらすじ

タミルナドゥ州の人里離れた奥地で、交通手段を失った都会人が、3人の地元民に助けを求める。どうも彼の家族は、呪われた村の邪悪な存在にさらわれてしまったらしい。一方、大手製薬会社の盲信的な跡継ぎが、同じ村に傭兵などから成るグループを送り込む。目的は、長らく忘れ去られていた“あるもの”を回収すること。彼らは恐怖に満ちた夜を生き延びることができるだろうか?

引用:Amazonprime

登場人物

ゴータム
医者。旅行へ向かう途中で車がパンク。カティヤル村へ足を踏み入れる。

マヤ&ネハ
ゴータムの妻と娘。カティヤル村で攫われる。

カルナガム&シャクティ&ピーター
ナヴァマライ村の男性たち。ゴータムに協力してくれる。

サイラジ
シャクティの父親で30年前はカティヤル村の権力者だった。現在は変わり果てた異形成物となりカティヤルの洞窟を住処にしている。

ヴェッタイヤン
サイラジの息子。巨大な異形成物。

プラカージュ
車椅子の富豪。父親死亡後「エクソジュニックス」を受け継いだ。傭兵とジャガンをサンプル採取のためカティヤル村に派遣した。

ジャガン
プラカージュの部下。無理矢理カティヤル村に同行させられる。

ファラン
傭兵リーダー。

感想

ネタバレがあります。

開始10分未満でど派手は虐殺シーン。夫婦とそれぞれの母親たちの乗る車が襲撃されます。武器を手にした何やら怪しい人影……。

小豆

ここから失速することなく、6話あっという間!

カティヤル村という廃村が舞台。
主なメンバーは妻子を探すゴータム+捜索に協力するカルナガム&シャクティ&ピーター、同時期に村に派遣された傭兵と科学者の2チームです。ここは終盤まで合流しません。
ちなみにゴータムの飼い犬も行方不明になりますが、酷い目には遭わないので安心。

主人公+3人がめっちゃいい人

とにかくゴータムとカルナガム&シャクティ&ピーターの4人が善人
主役はゴータムになるのかな??
3人は見ず知らずのマヤとネハのために命がけで協力してくれますし、ゴータムも常に感謝の気持ちを忘れない人で、ものすご〜く感情移入してしまいます。

カルナガムとシャクティは冒頭で襲われた夫婦のそれぞれの父親です。

傭兵チームもジャガンを除いてヘイトを集めるような人物はいません。
ジャガンはメソメソしているくせに、周りの人間に威張り散らしてめっちゃウザいです。

カティヤル村は巨大な植物や呼吸しているかのような木が。傭兵チームが姿の見えないナニカに襲われます。
3話でやっと姿が見えますが、ディセントの地底人みたいな見た目。

このドラマのジャンルは??と混乱しそうになりますが4話でしっかりストーリーが繋がります。

時系列順に纏めると

①アマラン一家(シャクティの父親がトップ)という超イヤな奴らがカティヤル村の土地を売却。
②追い出された村人たちはシャクティ、カルナガムと一緒にナヴァマライ村へ移住。
③土地を購入したプラカージュの父親は息子の足を治すために研究所を建てる。
④動物実験を繰り返し、科学薬品を垂れ流した結果、空気と水を汚染。
⑤カティヤル村に残ったアマラン一家とその他の住人たちの人体に影響が。女性は不妊、出産しても子供は死産に。
⑥研究所に押しかけるが津波で閉じ込められる。(プラカージュの父親たちは逃亡済み)
⑦飢えのため研究所の動物を食べた結果、異型な姿に。光が弱点で以来、洞窟に住み着くようになった。

要するに元凶はプラカージュパパ。一応罪悪感はあったようですが、秘密裏に処分すれば良いのに息子に研究資料をわざわざ見せてから「探るな!」と釘をさす意味不明っぷり。

5話からグロが加速

前半は真面目なシーンなのにクスッと笑えるのが特徴。異型生物が足をおさえて痛がったり、睡眠薬が効いたり、シャクティ母の憑依された時の演技とか。
個人的には「今から拷問の時間だ!」と宣言しておいて足をギューっと押すだけのシーンがツボでした。

ただ、どこか能天気な雰囲気は5話の途中から鳴りを潜めていきます
かなり胸糞なシーンがあってゲンナリ。

小豆

ピーターが5話で死亡

意外とみんな生き残るかも?と思っていたのですが、ここから一気に犠牲者が。
いかにも生き残りそうな女傭兵が真っ二つにされたり、「俺が囮になる」のセリフの直後に死亡したり、意表をつくシーンも。

ヴェッタイヤンは動きはトロいし、的もデカいし、ぜったい他の異型生物の方が強そうと舐めていたら後半から現れた時の絶望感がすごかったです。まさにラスボスって感じ。

最終話でとうとうカルナガムとシャクティも犠牲に。

小豆

このシーン、ショックすぎた。

ネハとプラカージュの体に異変が起こり、続編を匂わせて終了。

とっても面白かったです!!カルナガム、シャクティ、ピーターは生き残って続編でも活躍して欲しかったな。

その他のインドドラマ

よければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 ゲームブログ アドベンチャーゲームへ
映画(オカルト・ホラー)ランキング
目次