Netflix「事件現場から:セシルホテル失踪事件」ネタバレ感想

事件現場からセシルホテル失踪事件
画像出典:Netflix
  • URLをコピーしました!

有名なエリサ・ラム失踪事件のドキュメンタリー番組です。
警察が事故と発表しているにも関わらず未だに未解決事件のように扱われる事もありますね。

最初の方は見ていてイライラ(後述)したんですが、最後は悲しくなりました・・

猫イジメに断固NO!の時と同様、ネットの暴走って恐ろしいですね、本当に。

目次

「事件現場から:セシルホテル失踪事件」作品情報・事件概要

2013年、1月28日にロサンゼルスのセシルホテルにチェックインしたカナダ人女子大生のエリサ・ラム。
その後、連絡がつかなくなった事を心配した家族により捜索願いが出されます。
監視カメラを調べるとホテルを出た形跡がないため、警察はホテルの中を徹底的に捜索しましたが、行方はつかめませんでした。

捜査が進展しないため、警察は少しでも情報を集めるため、彼女が最後に映っていたエレベーター内の監視カメラを公開します。ところがその映像がとても奇妙な内容だったため、瞬くまに動画は拡散され、多くの陰謀論が生まれ、波紋を広げていきます。映像にはラムさんがエレベーターのボタンを連打したり、外を伺ったり、隠れるような様子が映っていました。なぜか閉まらないエレベータの扉等、不可解な点がいくつも見受けられました。

その後、ホテルの客から「水が出ない」「水が変な味がする」と苦情が寄せられます。

2月19日、ホテルのスタッフがメイン貯水タンクを点検すると中からエリア・ラムの死体が発見されました。

1920年に建設された米ロサンゼルスのセシルホテルは連続殺人鬼の潜伏・薬物・売春などの忌まわしい歴史を持つホテルとして知られています。

リミテッドシリーズ、全4話。「殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合」の製作者が現場を検証する。

「事件現場から:セシルホテル失踪事件」感想

エレベーターの動画は有名なので見たことある方も多いのではないでしょうか。
You Tubeにも考察系の動画がめちゃくちゃありますよね。

番組名は覚えてないですが、確か昔テレビで特集を見た記憶はあります。
その時は発見時に貯水タンクの蓋がしまっていた、という内容だったので絶対他殺じゃん!と思った記憶が。

ですが、4話まで観終わっての感想は、警察の発表通り不幸な事故だったのかな・・(;_;)です。

インタビューにラムさんの直接の関係者は出てきません。

当時の担当刑事とか元ホテルの総支配人(この人めっちゃキャラ立ってた)もいますが、ユーチューバーが何度も出てきます。


最初のイライラするっていうのがこの部分で、ずーっと素人のアホみたいな陰謀論とか推理とか延々と聞かされます。実際にホテルまで行く人も多くいて、心霊スポットのノリでニヤニヤしながら撮影している様子に不快感が(`△´+)

特に酷いのがうそでしょ?っていう理由で殺人を疑われ、ネットで総攻撃を食らったミュージシャンのモービットさん。この方は自殺未遂までしてます。本当、助かった良かったです。


3話まではこんな調子で陰謀論者のドラマか?とうんざりしますが、4話目で様子が変わってきます。
途中まで印象は悪いですが、最終的には被害者に寄り添った内容だったな・・という感想。過去の自分の動画を見て後悔しているYouTuber達の描写もあります。

事故と言われると引っかかる点に関しては番組内で説明がありました。

事故なら貯水タンクの蓋が閉まっていたのはおかしくないか?

ハッチは開いたままだった。(普段から開いたままだった可能性あり)第一発見者の作業員が証言済み。最初に閉まっていたと発表したのは警察の誤報。

エレベータが閉まらなかった理由は?外から第三者が開ボタンを押していたのでは?

監視カメラの映像に「HoldDoor」のボタンを最後に押しているが映っている。このボタンを押すと2分間ドアが閉まらない(YouTuberが検証済み)

どうやって屋上に登った?

社員用の非常階段を使った。

ラムさんはうつや双極性障害に苦しんでいました。

ホテルで同室になった人に「出ていけ」と書いたメモを渡したり、部屋に入る時に合言葉を要求する等の異常行動が見られ、個室に移動しています。
解剖の結果、治療薬が少量しか検出されず、所持している薬の残量も多かったようです。適切な服薬が出来ていなかったと思われます。
これらの事から正常な判断が難しい精神状態だったかと・・。

事故か自殺かは本人にしか分かりませんが、個人的には不慮の事故だと思いました。

これから視聴予定の方は、ぜひ最後の4話まで観て欲しいです!

よろしければポチッと応援よろしくお願いします!

目次
閉じる