「オンマ/呪縛」感想(2022)サンドラ・オー主演の普通のホラー映画

当ページのリンクには広告が含まれています。
オンマ/呪縛
画像出典:ソニーピクチャーズ

ホラー映画
「オンマ/呪縛」
の感想です。

サンドラー・オーとサム・ライミの名前に釣られてU-NEXTのポイント消費で視聴。

特に捻りのない、普通のホラーといった感じ。

2.0

目次

作品情報

2022年/83分/アメリカ/吹替なし

【製作総指揮 】
アンドレ・ウーヴレダル
【製作】
サム・ライミ
【監督・脚本】
アイリス・K・シム
【キャスト】
サンドラ・オー『キリング・イヴ』ファイヴェル・スチュアート『サ・リクルート』ダーモット・マローニー『エージェント・ゲーム』オディア・ラッシュ『レディ・バード』トム・イー『パージ』
【配信中】
(レンタル)
2023年1月の情報です。時期により視聴出来ない可能性があります。

あらすじ

アメリカの農場で暮らすアマンダと娘のクリス。2人は友達のように仲が良く、養蜂を営みながら自給自足で暮らしていた。ある日、彼女のもとに絶縁していた母親の遺骨を届けに叔父が現れた。アマンダは母親に虐待されていた。それ以来、アマンダは母のようになってしまうのではという恐怖に取りつかれ、母親の声が聞こえるようになる・・。

感想

毒親の呪縛、負の連鎖を断ち切る話でした。

アマンダとクリスは共依存っぽい感じ。
クリスの大学進学を反対するアマンダは憎んでいた母親と同じく娘を束縛しています。
「友達はいるのか?」の質問に「ママが友達」と答えるクリスが気の毒すぎる。

盛り上がるシーンもなく、淡々と時間だけが過ぎていく……。
全く怖くない以前に、画面が暗すぎて見えづらい!!

急に説明台詞で虐待の内容を解説しはじめるオンマ。
かなり不自然でした。フラッシュバックで十分だったのでは。

そしてあの九尾の狐は一体……。
なんなの??ちょっと可愛かったけれでも。

予想通りにすすみ、予想通りに終わるストーリー。

83分と短い時間にまとめてくれたのは、良かったです 。
ダニーの姪っ子はあやとりに付き合ってくれたり、スケジュール帳もプレゼントしてくれて、良い子すぎる。

オディア・ラッシュという女優さんで、出番は少ないけどめちゃくちゃ可愛かったです。

全体的に満足度が低かったのは確かですが、たまにはこういうシンプルなホラー映画も良いかもしれません。

合わせて読みたい

よければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
映画(オカルト・ホラー)ランキング
目次