韓国ドラマ「豚の王」(2022)ネタバレなし感想

当ページのリンクには広告が含まれています。
豚の王
画像出典:U-NEXT

韓国ドラマ
「豚の王」
の感想です。

好きなキャストに好きなジャンルだったので軽い気持ちで視聴しましたが、最後まで救いのないドラマ……。
テーマが「イジメ」のため、かなり重い内容です。

5.0

目次

作品情報

2022年/韓国/全12話/吹替なし
【演出】
キム・デジン
【脚本】
タク・ジェヨン
【キャスト】
キム・ドンウク『CAT』『神と共に』キム・ソンギュ『キングダム』『悪人伝』チェ・ジョンアン『ヨンパリ』『タンタラ』
イ・ギョンヨン『ムルゲ 王朝の怪物』オ・ミンソク『真犯人
【配信サービス/2023年3月時点】
(レンタル)

原作は同名のヨン・サンホ監督の長編アニメ「豚の王」

あらすじ

ある事件現場に残されていた犯人からの謎のメッセージ。それは、20年間疎遠だった刑事・ジョンソクの中学の親友・ギョンミンからのものだった。ジョンソクは中学当時、校内暴力があった記憶を思い出しつつ、彼が起こす連続殺人事件に挑んでいく。

引用:U-NEXT

感想

最初から最後まで救いはなし。

メインの人物は刑事のジョンソク、同じく刑事のジナ、連続殺人犯のギョンミン

小豆

しかし、韓ドラのいじめシーンは胸糞ですね〜。


「豚の王」のいじめはとにかく大勢の前で徹底的に辱めるシーンが多くて、見ていて非常にツラかったです。

そのせいか、ずーっと犯人側のギョンミンを応援しちゃうんですよ。

ドラマオリジナル要素も多いようですが、原作アニメは未視聴だったので、全くネタバレなしの状態での視聴。
多分こうだろうな〜という予想は、ことごとくハズレΣ(゚∀゚ノ)ノ

8話中盤ぐらいからジョンソク・・おまえーー!!
という気持ちで見ていました。

ただ見終わって冷静に考えるとジョンソクもギョンミンの気持ちも分かるな、と。
当時のジョンソクはある意味、心神喪失だったんだと思います。
けれでも絶対に許されませんけどね。

とにかくキム・ソンギュの演技が凄すぎて釘付けでした。
ずっと情緒不安定な役で、撮影中のメンタルは大丈夫だったんだろうか?と勝手に心配してしまうぐらい( ˙▿˙ ; )

個人的には「怪物」のシン・ハギョンに匹敵するぐらい迫真の演技でした。

そしてイジメ加害者のカン・ミン役のオ・ミンソク。
何度かドラマの脇役で見かけましたが、こんなすごい演技する方だったんですね〜。

小豆

最期は魅入ってしまいました。

(そもそもカン・ミンの学園生活も全然楽しそうに見えなかった)

ジナは物語を進めるためだけの便利なコマにしか思えなかったの残念。
12話でジョンソクを黙って行かせたのは、やはり不自然。

小豆

いくら何でもギョンミンの計画通りに進みすぎるご都合展開も少し目立ったな〜。

キム・ドンウクは以前から好きな俳優さんでしたが、ますますファンになりました。

出典:チェ・ヒョンジンのInstagram

ツラいシーンも多かったですが、見て良かったです。

以上「豚の王」の感想でした(* ᴗ ᴗ)⁾⁾

あわせて読みたい

よければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
映画(オカルト・ホラー)ランキング
目次