WOWOW「インフルエンス」「黒鳥の湖」(2021)感想ネタバレなし

当ページのリンクには広告が含まれています。
インフルエンス、黒鳥の湖
画像出典:WOWOW

「インフルエンス」「黒鳥の湖」2作品の感想です。

目次

「インフルエンス」作品情報

2021年/日本/全5話

原作:近藤史恵
監督:水田成英、ヤング・ポール
脚本:篠崎絵里子『落日
キャスト:橋本環奈『禁じられた遊び』葵わかな『ミッドナイト・バス』吉川愛『ハニーレモンソーダ』鈴木保奈美『名探偵ステイホームズ』大塚寧々『秀吉のスマホ』

配信サービス


あらすじ

地方の団地で暮らす高校生の友梨(橋本環奈)は、過去に同級生の里子(吉川愛)が、祖父から性的虐待を受けていることを知りながらも、彼女を守ることができず疎遠になってしまったことで、心に傷を負っていた。
ある日、友梨が通う高校に東京から真帆(葵わかな)が転校してくる。真帆は何事も真剣に取り組む性格があだとなり、クラスで浮いた存在となっていたが、友梨は同じ団地で暮らしていることもありすぐに打ち解ける。そんな中、包丁を持った暴漢に襲われそうなった真帆を助けようとして、友梨は男を刺してしまう。正当防衛だと逃げ、恐怖で震えながら眠りについた翌日、逮捕されたのは不良となった里子だった。

引用:WOWOW

感想

つまらなくはなかったです。それどころか面白くて視聴中は夢中になっていたのですが、わたしには合わなかったです。合わなかった理由は現実味が無さすぎるのと、誰にも共感出来なかったせいだと思います。ラストがいい話風に終わっていて驚愕。
友梨が貧乏くじ引きすぎ。真帆の行動が一番おかしい。
小説家との関係も希薄で、最終回はガッカリしました。
友梨、真帆、里子を演じて女優さんは3人とも素晴らしかったです。特に吉川愛さん!

「黒鳥の湖」作品情報

¥9,127 (2023/08/25 17:42時点 | Amazon調べ)

2021年/日本/全5話

原作:宇佐美まこと
キャスト:藤木直人『フィクサー』吉瀬美智子『シグナル』財前直見『光る君へ』杉本哲太『ブラックポストマン』三宅健『親指さがし』

配信サービス


あらすじ

何もかもが似過ぎている…。女性が拉致され、持ち物が次から次へと家族のもとに送られてくるという事件が発生する。ザイゼンコーポレーションの社長、財前彰太(藤木直人)は興信所の調査員をしていた18年前に、谷岡という男性から、ある事件の調査を依頼された過去があった。それは、娘が拉致されワンピースの切れ端、剝がされた爪が送られてきたという不気味な事件だった。
そして現在。酷似した事件に動揺する彰太。美しい妻の由布子(吉瀬美智子)と今の生活があるのは、彰太がその事件を利用して大きな“細工”をしたからだった。そして、事件の真犯人は逮捕されていない。そんな中、彰太のまな娘が行方不明になり彼女の持ち物が送られてくる。由布子は不安と誰にも言えない秘密を抱え、救いを求めてある寺の住職の妻・大黒(財前直見)とその息子・若院(三宅健)のもとに通い始め…。
すべては18年前の過去の報いなのか、歯車が狂い始めていく――。

引用:WOWOW

感想

面白かったです。伏線回収も丁寧でした。テーマは因果応報。
1話目では財前がけっこうヤバい奴なのかと思いきや、普通にいい人で拍子抜け。
一部の登場人物の行動が理解不能でしたが、まあ切羽詰まっていたんでしょう。
犯人がキャストで分かってしまうのが残念〜。

WOWOWオンデマンド

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにて ご確認ください。

あわせて読みたい

よければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 ゲームブログ アドベンチャーゲームへ
映画(オカルト・ホラー)ランキング
目次