Switch「ベリード・スターズ」感想/レビュー(2022)2周目からが本番。★★☆

ベリード・スターズ 感想
画像出典:NintendoStore
  • URLをコピーしました!

韓国発のADVゲーム
「ベリード・スターズ」
をプレイしました。

評価高めだったので期待大でしたが、自分には合わなかったです(´._.`)

2.5

目次

「ベリード・スターズ」Switch版の概要/あらすじ

配信日:2022年8月4日
ジャンル:テキストアドベンチャー
価格:4950円(税込)
クリア時間:20時間〜30時間ほど。

 「サバイバルオーディション」会場の崩壊現場で巻き起こった殺人劇
一般人サバイバルオーディション番組の生放送中に発生した崩壊事故。
そこに閉じ込められた出演者とスタッフの目の前で、
さらに追い打ちをかけるような事件が起こります。
犯人は一体誰?なぜ、どうやって犯行を?

引用:NintendoStore

感想

アイドルオーディション中に建物が崩壊。プロデューサーが遺体で発見されるが他殺の痕跡があり、この中に犯人が??というストーリー。

特徴としては精神力ゲージがあります。Tokyo Dark」のように主人公の正気度に影響。0になるとゲームオーバー。

1周目は1本道。
Aルート、Bルート、Cルートがあり、A・BをクリアするとCルートが開放されます。

攻略サイトを観たのにBルート突入に失敗( ̄□ ̄;)!!


Bルート・Cルートをプレイ済みだと評価も変わったかもしれませんが、とにかくシステムが周回に優しくないので途中で心が折れました・・。そのため、1周目+Aルートのみクリアした人間の感想です。

良かった点

凝った演出に、綺麗なキャラデザ。

アイドルオーディションの参加者なので、美男美女ばかりですね。

キャラクターの掘り下げもバッチリ。
でも、みんな主人公に頼りすぎだと思う(¯∇¯٥)

翻訳も完璧。人名等も日本に合わせて変更になっているため、不自然な部分は全くありません。

シャベッター(Twitterみたいなの)でファンとアンチが言い争っていたりするんですが、「本当にこんなヤツいそ〜」と思えるぐらい、SNSの描写はリアリティがありました。

パニック障害を患っている参加者にこの言い草。

ボリュームは十分。
難易度も適度に難しくて良かったです。

イマイチだった点

周回前提のくせにフローチャートがない!!

セーブも好きなタイミングで出来ません。
スキップ(早送り)は既読・未読判定なし。

メニューもやたら多くてややこしい。

もっとこう・・プロデューサーの犯人探しの謎解きがメインになると思っていたのですが、会話の内容が人気ランキングとシャベッターの事ばっかり。ずーーっとこの内容で言い争っているので、
なんか思ってたんと違う( ´_ゝ`)となりました。

それ程みんなオーディションに真剣なんでしょうけど、主人公だけ熱意が感じられなかったなぁ。

中途半端に外部と連絡が取れるので緊張感もあまり無かったです。
死体を調べるよう指示されるとか、ありえないでしょ( ̄▽ ̄;)

ノベルゲームなのに建物内をウロウロさせられるのも苦痛で、いいからステージにいろよ!とイライラしました( ˙▿˙ ; )

死人も少なくて物足りぬ(Aルート)。
もう少し刺激が欲しかったです。

以上
「ベリード・スターズ」の感想でした(* ᴗ ᴗ)⁾⁾

その他のテキストアドベンチャー

よろしければポチッと応援よろしくお願いします!⬇⬇

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
にほんブログ村 ゲームブログ アドベンチャーゲームへ

目次