Switch「G−MODOアーカイブス13 臨時終電」(2020)感想/レビュー ★★★★

臨時終電 感想
画像出典:NintendoStore
  • URLをコピーしました!

「いづみ事件ファイル(感想)」と同じG-MODEアーカイブス作品。

これは、かなり面白かったです。
ホラーノベル好きな方におすすめ。

好き度4.0

目次

「G−MODOアーカイブス13 臨時終電」作品概要/あらすじ

配信日:2020年8月27日
ジャンル:テキストアドベンチャー
価格:500円(税込み)
対応機種:Switch(ダウンロード専用)
クリア時間:約6時間

『いや…僕を置き去りに走っていく終電の姿を見た覚えはあるんだ。

その後…。そうだ…終電の次の電車がホームに入ってきた。

その行き先パネルには…「臨時終電」と書かれていたんだ。』深夜、とある路線の終電に乗り合わせた数人の乗客。

闇に包まれた景色。見知らぬ無人駅。初夏の雨上がりの夜に浮かび上がるアジサイの花。

ミステリアスな雰囲気と、元の世界に辿り着けない恐怖がそこに…。

引用:NintendoStore

「G−MODOアーカイブス13 臨時終電」感想

とにかくシナリオが良くて、ずーっと遊んでいました。

エンディングは26個あって、バッドエンド、ギャク、メタとバラエティ豊かです。

主人公は決まった人物ですが、分岐によって視点切り替えのパートに入り、少しの間ですが他の登場人物たちの視点で物語を進められます。そのため、コンパクトなボリュームながら、登場人物たちの掘り下げ不足、といったこともありませんでした。各キャラクターエンドもあり500円でここまで遊べるならコスパ的には◎。

選択肢によって分岐が変わるオーソドックスなノベルゲームですが、選択肢に各カードが必要なのは珍しいかもしれません。

エンディングリストが増えるとカードが増える仕組みです。
とにかくAのカードが足りなくて困りました(;_;)

シナリオは文句なしですがフローチャートが見づらい!!
最初、赤丸の存在に気づいていなくて、延々同じエンディングを見る羽目に( ˊᵕˋ ; )

↓キーで早送りはできるので、周回はそこまで大変ではないのですが・・。

実はエンディングが2個埋まっていないのですが、大団円っぽいエンドは見られたのでとりあえずクリアとします(* ᴗ ᴗ)⁾⁾

よろしければポチッと応援よろしくお願いします!

目次