『ザ・ルーキー:FEDS FBI新米捜査官ファイル』(2022)全話あらすじ・感想※更新中※

当ページのリンクには広告が含まれています。
ザ・ルーキー:FEDS FBI新米捜査官ファイル
画像出典:WOWOW

で始まりました!

ザ・ルーキー:FEDS FBI新米捜査官ファイル』の視聴を開始。

ずっと楽しみにしていた『ザ・ルーキー』のスピンオフ作品。
クロスオーバーエピの放送が待ち遠しい〜。

シーズン1で打ち切りが決定済みです。

毎週更新予定

目次

作品情報

製作年2022年
エピソード数22
製作国アメリカ

脚本・監督

監督:マイケル・ゴイ、他

脚本:アレクシス・ホーリー、他

キャスト

ニーシー・ナッシュ

配信サービス

本ページの情報は2024年4月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにて ご確認ください。

WOWOWオンデマンドならBS環境がなくても契約ができます。
ネットに繋がればスマホだけでも視聴が可能。

あらすじ

大人気ドラマ「ザ・ルーキー」のスピンオフが登場!中年で捜査官になった元スクールカウンセラーのシモーヌと型破りなチームの活躍を描く痛快FBIストーリー!

双子の母親であり高校のカウンセラーだったシモーヌは、FBI捜査官として働きたいという夢を諦めきれず、FBIアカデミーに入学し、ロサンゼルス(LA)でテロリストの逮捕に貢献。卒業後、FBI・LA支局に配属され、希望に満ちて出勤したものの、所属は身元調査班だった。
LA支局にはFBIを改革したいガーザをリーダーとする精鋭チームがつくられ、ベテランのホープ、プロファイラーのローラ、シモーヌと同期でドラマ俳優から転職した異色の新人ブレンドンらがいた。 シモーヌはガーザに認めてもらうため、持ち前の明るさと根性で大事件の捜査に無理やり協力することになる。

引用:WOWOW

登場人物

特別捜査班のメンバー

シモーヌ・クラーク
学園カウンセラーだったがFBIへ転職。

ブレンドン
シモーヌと同期。元俳優。

ローラ
プロファイラー。ブレンドンの指導員。

カーター
ベテラン捜査官。シモーヌの指導員。

ガーザ
チームのリーダー。

各話感想

1話 私が捜査官になった理由

・連邦施設の管理責任者が殺害。
・シモーヌは特別捜査班ではなく身元調査を行う事務処理の部署へ配属されたが、容疑者の身元特定に尽力しチームの一員へ。
・ベテラン捜査官のカーターはシモーヌのチーム加入に反対。

感想

ノーラン、スミティ、ロペスが少し登場。ストーリーは「問題のあるメンバーを集めて特別チームを結成」という何番煎じか分からない設定なのでキャラの魅力に期待。
本家と一緒で同期と仲良しのはいいね。今のところ嫌なやつもいない(ガーザを目の敵にするキャラはいるけど)しライトな感じで見やすい。

ブレンドンもいいキャラしてる。イケメンというよりハンサム風。元俳優だから潜入捜査に向いているって発言があったけど有名だから顔が割れてるよね??
あとシモーヌ、本来の事務仕事もちゃんと終わらせて欲しかった。

2話 本物は誰だ

・シモーヌとブレンドンはルーキーのノルマとして情報屋を捜すことに。
・情報源の捜査中に闇整形手術を摘発。
指名手配犯クイン・カノンの影武者になるため複数人が整形手術を受けていた。

感想

トレーシーうざ。カーターも録音して内部告発すれば良いのに。
本家からはルーシーとティムが登場。ルーシーやっぱりブレンドンにミーハー発揮してた笑。シモーヌもブレンドンも他人に高圧的じゃないのが良いよねー。
ゲスト俳優はマーク・ペルグリノ。

3話 初めての盗聴作戦

・シモーヌとブレンドンは研修の一環で監視活動に参加。
監視対象はファンタニル・シンジゲートのボスであるトバイアス。
・監視中にトバイアスとバイカー集団ボスの息子が交際中だと分かるが2人は誘拐される。
・カーターは離婚することに。
・シモーヌにガールフレンド候補が。

感想

今気づいたけどカーターの妻ってメジャー・クライムのエイミーじゃん。
見た目が全く変わってないわー。黒人が老けないってホントだな。
トバイアスの娘はソシオパス味がすごい。

4話 殺人鬼のプロファイル

・『ザ・ルーキー5』の第4話「殺人鬼のレガシー」の続き。
・ロザリンドを殺害して逃亡中だったジェフリー・ボイルを追うFBI

感想

ロザリンド殺害犯にしてはショボい犯人だったなー。
ブレンドンのトラウマ克服があっさりすぎて笑った。機内の様子が完全にクリマイ笑
わたしも仕事で嫌なことがあったら犬を思い浮かべよ〜。

5話 南の島の逃亡者

・シモーヌとカーターは逃亡犯を捕まえるために覆面捜査へ。
・ブレンドンとローラは鞄に仕込まれたダイヤについて捜査。

感想

すっかり仲良しなチーム。
完全に打ち解けましたね。
前回のローラに続き、今回はブレンドンの恋の相手になりそうな美女が登場。かなりのツンデレ。

6話 死神の恋

・殺し屋の恋人から情報を得るため、シモーヌは女子刑務所へ潜入。
カーターも刑務官としてサポート。
・ブレンドンとローラは殺し屋のターゲットを探す。

感想

ブレンドンの父親が登場。かなり問題ありそう。ルーキーシリーズの親世代、問題児多すぎ。病気が本当ってオチもありそうだけど、それだとノーラン母と被るか。
殺し屋が男女逆で捻りがあってなかなか面白かった。でも国際指名手配犯の殺し屋相手に新人が交渉するってあり得ないよねー。シモーヌもう彼女と別れちゃいました。「タイミングが悪い」って便利なセリフ。
ブレンドンほんとにいいヤツ。

7話 LA危機一髪

・アメリカの国防の技術開発を担う男性ががエンジェルス国有林で死亡
・被疑者は指名手配中のエコテロリスト

感想

トレーシーの存在忘れてた。ブレンドンが断酒中と判明。明るそうだけど色々あるのねー。

8話 感謝祭は事件現場で

・シモーヌの子供登場。双子!
・感謝祭の朝に父親と娘が誘拐される。
・犯罪者ステパノフを奪還するため、犯人たちが検事局へ立て籠もる。
中にはウェズリーがいた。

感想

シモーヌの子供やっと出た。1話目でそれらしきセリフがあったけど、その後全く存在が仄めかされないから誤訳かと思ったわ。
シモーヌって強がらないというか素直に「全然ダメ」とか「怖かった」と言うのが良いよね。

関連作品

シモーヌ初登場回は「ザ・ルーキー」シーズン4の19話。

よければポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ
映画(オカルト・ホラー)ランキング
目次